被覆アーク溶接

被覆アーク溶接


被覆アーク溶接

溶融金属の保護とアークを安定させ溶着金属中に合金元素を添加するなどの目的でフラックスや保護材などを巻いた被覆が塗布されている被覆アーク溶接棒を用いて行う溶接です。
基本的には溶接棒のフラックスは湿気に弱く、フラックスが湿気を含むと、アークが不安定になる・ブローホールが発生しやすくなる・溶接金属に水素を含んでしまうなどの不都合が発生しやすくなります。
手棒溶接や手溶接と呼ばれる事が多いです。

弊社は大阪にて部品加工、部品製作を行っている企業です。金属加工から組み立てまで幅広いご要望に対応させて頂いております。
試作品の製作を検討しておられる企業様から、「バイクの部品が足りない」「こんなパーツがあれば便利なのに」といった個人の方まで是非お気軽にご相談くださいませ。