溶射による表面処理


溶射による表面処理

溶射とは、加熱し溶融した溶射材を、被施工物の表面に吹き付けて皮膜を形成する表面処理法です。
溶射材には金属、セラミックス、プラスチック、サーメットなどが用いられます。
被施工物には金属、セラミックス、プラスチック、木などが用いられます。
他の表面処理法と比べて比較的簡単に作製できて、被施工物に対して変形や歪みを起こしにくいのが特徴です。
大阪にて様々な金属を取り扱っております弊社は、金属加工から部品加工、組み立てまで幅広い実績がございます。
加工会社選びでお悩みの方はぜひ一度お気軽にご相談くださいませ。