シャーリングマシンによるせん断加工


シャーリングマシンによるせん断加工

シャーリングマシンとは金属の板(板金)を任意の大きさに切断するための機械です。材料を切断する為の上下の刃、材料を設置するための台、寸法通りに誘導する為のゲージ、ゲージを移動させる為の制御装置などで構造されています。
上刃と下刃の間に材料となる板金をセットし、直線状に切断加工します。シャーリングマシンで切断する事の出来る材料の厚みには上限下限があり、下限より薄いとバリが発生し、上限より厚いものは切断出来ません。また、ステンレスにおいては他の鋼材よりも硬いため上限が低く設定されています。シャーリングマシンは基本的に薄板をせん断加工する機械ですので、アングル材やチャンネル材などはまた別の機械で切断します。
弊社は大阪にて高精度なせん断、切断加工を行っております。他の加工から組み立てまで幅広く対応しておりますので、部品加工・金属加工でお困りの際には是非お気軽にご相談下さいませ。低コスト・短納期にて対応させていただきます。