研削加工に使用するグラインダの種類


研削加工に使用するグラインダの種類

金属加工において、金属素材の表面仕上げをしたり、バリ取りに欠かせないのがグラインダです。グラインダにも様々な種類があり、携帯用のグラインダとしては下記のような物があります。
ポータブルグラインダ (ストレートグラインダ)は電気モータ軸と一直線になった回転スピンドルを持ち、溶接後のビード削りやバリ取り、面取り、仕上げ加工に使用されます。
ディスクグラインダ (サンダー)はディスクの種類を換えることで、切断、切削、研磨等に使用できます。ディスクの種類は金属の平面研削や切断に使用する研削砥石切断砥石、レンガやブロックの切断に使用するダイヤモンドホィール、面の研削に使用するネット型砥石、金属の錆び落としに使用するカップ型ワイヤーブラシ、サンドペーパーの小片を重ねて並べた研磨ブラシの多羽根ディスク、木工用ディスクで木彫等に使用するエグリカッター、金属などの研削・研磨、錆の除去に適しているアングルグラインダ、重い材料の除去に適するバーチカルグラインダ、小型部品の仕上げ研削に使用されるハンドグラインダ、材料となる金属を手で保持し研削する卓上(床上)用グラインダ、鋳造品のセキや押し湯部の切断に使用するなどがあります。

弊社は大阪にて、様々な金属加工、部品加工を行っております。長年の経験と熟練の技術により高品質の製品を低コストにてご提供いたします。企業様から個人の方まで是非お気軽にご相談くださいませ。