金属加工時のチャック装置の種類


旋盤加工

旋盤加工にて加工を行う際に、機械に加工対象となる金属を固定するための工具がチャック装置です。
被加工物をチャック装置で固定することをチャッキング、チャックと言います。
チャッキングの方法にも様々な種類があり、機械的な力で被加工物を固定するメカニカルチャック、渦巻き状の溝を持つカムによって固定するスクロールチャック、爪それぞれが個別に動作し、円筒形ではない金属でも任意に固定できるインデペンデントチャック、ストレートドリルをボール盤に固定する際に使用するドリルチャック、爪ではなくコレットで強力に固定できる、磁性材料を磁気で吸引して固定するマグネットチャック、金属を真空で吸引して固定する真空チャックなどがあります。加工する金属の種類や形状などに合わせてこれらのチャック装置を使い分けます。
弊社は大阪にて様々な金属加工、部品加工を短納期・低コストで行っております。納期、コスト、品質でお困りの際にはぜひお気軽にご相談くださいませ。