シャーリング加工


シャーリング

上刃と下刃、二枚の刃のついたシャーリングマシンの間に材料となる板金をセットし、金属を直線状に一定の幅に切断する加工をシャーリング加工と言います。
原理としてはいわゆるハサミとよく似ており、二つの刃の間に材料を挟むことによって切断するせん断加工です。
シャーリング加工は、板金加工の工程としては、原板を一定の幅に切断したり、所定の幅・長さに切り出したりするカット加工に用いられます。
平板への展開形状が単純な場合の部品加工においては、ブランク加工の手段として利用することも可能です。
切断される材料の断面において、バリ・ダレが少なからず発生します。
シャーリング加工では、こういった切断面のバリ・ダレや、切断材料となる板金の反りやたわみをできる限り抑えて直角・平行度の保たれた正確な寸法を出すことが重要となってきます。
また、板材のコ-ナ-部分を直角に切断したり、切り欠く加工に用いられるシャーをコーナーシャーと言い、箱状の機械部品製作の場合などに使用されます。