鍛造金型


2

金型内の金属材料に高い圧力を加えることによって被加工物となる金属の形状を作る金型です。金型による材料の拘束の度合いによって、開放型や半密閉型、密閉型という種類に分類され、密閉型になるほどバリが少なく歩留まりが高く、仕上げ加工も少なくなりますが、加工の時にかかるプレス荷重が大きくなるので、金型に掛かる負荷は大きくなります。
金型の素材には、表面処理や熱処理を加えて硬度を高めた工具鋼が用いられます。
また、加工する部品に応じて、ロール型、つぶし型、粗成形型、仕上げ型、ピアス型、トリム型などに分けられ、同じ鍛造プレスマシンベッド上に展開されるのが一般的です。
金属の加工時の温度によって、冷間鍛造と熱間鍛造に分けられます。熱間鍛造に比べて冷間鍛造の金属の変形が小さいので、さらに大きな力が必要になり、その分金型が受ける負荷も大きくなります。