切削加工の種類


切削加工の種類

金属の切削加工にも様々な方法があります。
フライス加工とは、複数の切れ刃を持つフライスで、面の加工を行う加工です。
NC加工とは、ドリルなどの刃先の動作をNC装置へ入力し、その情報によって工具や被加工物が動作し、加工が行われる加工のことです。
ブローチ加工とは、ブリーチという工具を用いて、表面加工や内面加工を行います。
ドリル加工とは、ドリルによって金属などに穴を開ける加工です。
タップ加工とは、ネジ穴を作る加工です。
スロッター加工とは、刃物を取り付けたラムが垂直に上下運動をし、穴の内面を形成する加工です。
平削りとは、切削工具を用いて金属などの被加工物を削り加工する際に、バイトで被加工物を直線切削運動させて削る加工です。
リーマ加工とは、ボール盤などでリーマを用いておこなう加工で、穴の精度、真直度、粗さに対する仕上げ加工として用いられます。
エンドミル加工とは、複数の刃を持つエンドミルを用いておこなう加工で一見ドリルに似ていますが穴開けではなく表面や、輪郭を削る際に利用される加工です。