ステンレスの種類と選び方


Stainless

ステンレスは、鉄にクロムなどの物質を添加した錆び難さが特徴の特殊鋼です。
鉄単体では錆びにくさ、耐熱性、耐食性などに難がありますが、クロムを12%以上含有することで錆び難さが、ニッケルを加えることで耐食性が向上します。つまりステンレスとはクロムを12%以上含み耐食性を高めた鋼です。
ステンレスにはクロムをベースにしたものと、クロム・ニッケルをベースにしたものがあります。また、他の元素を添加することで、様々な付加価値を鉄に持たせることができるので、同じステンレスでも色々な添加元素が足されている場合もあります。
現在ステンレスの種類としては200種類以上と言われており、さまざまな分野で使用されています。硬度と錆び難さが必要な刃物や部品加工などの工具、調理・厨房器具、各種機器類、建築、医療器具、自動車部品など例を挙げればキリがないほどです。
部品としてステンレスを用いるメリットは、その耐食性にあるといえます。ステンレスの種類選びに迷った場合は、まず耐食性のレベルを決め、強度・硬度を決め、その次に加工性やコスト、生産性を考え決めるとよいでしょう。