切削加工のメリット


cuttingtools

切削加工は切削工具類を用いて素材となる金属、樹脂などを切り削る加工方法です。 除去加工とも呼ばれます。

切削加工のメリットとしては精度の高い様々な形を作り出すことができ、応用範囲が大変広いので形状が複雑な機械部品の製作にも使用されています。
しかし、製作する部品の形状が複雑になればなるほど、多種の刃物と加工方法が必要となってなるため、コストと時間がかかりがちになります。
そのため複雑な機械部品を大量に生産する場合は、金型を使った加工が適しますが、この金型の作成にコストがかかるので小ロットでの生産の場合は切削加工のほうが適しています。

主な切削加工の工具としてはドリル(ボール盤で使用)、バイト(旋盤・形削り盤で使用)、フライス(フライス盤で使用)、エンドミル、リーマー、タップ、ホブ(歯車・ギヤの作成に使用)、ピニオンカッタ、ダイス、ブローチ、トリマ、ルータなどがあります。