エンドミル使った金属加工


エンドミル加工

エンドミルとは、フライス盤での金属加工には必要な工具です。円柱形の金属に刃が付いたドリルによく似た形状をしています。

しかしドリルのように穴を開けるのには適しておらず、軸に直交する方向に穴を削り広げる用途に用いられます。しかし穴の中心にドリルなどで下穴を開けておくことで、軸方向へ推進して削り込むことも可能です。

エンドミルの使い方は、刃を回転させて金属に当て、左右もしくは前後に材料を動かすことで平面を作っていきます。このエンドミルの刃は非常に欠けやすく、加工時、特に削り初めにはできる限りゆっくりと材料に当てるようにしなければすぐに欠けてしまいます。

エンドミル加工できれいに能率よく仕上げるためには、回転の速度と切り込み量、そして送りを調整することが重要です。これらは、加工する金属の材質や加工面に必要とされる精度などによって変わってきますので、適切な調節と技術が必要になってきます。基本的には少ない切り込み量でゆっくりと送る場合が多いです。

フラットエンドミル、ボールエンドミル、ラフィングエンドミル、ラジアスエンドミルといった種類があり、フラットエンドミルは、先端の形状が平坦なエンドミルです。主に水平面や垂直面を切削するのに用いられます。ボールエンドミルは、先端が球状になっており、曲面を切削するのに用いられます。また仕上げ加工用にも使用されます。ラフィングエンドミルの先端の形状はフラットエンドミルとよく似ていますが、刃に凹凸があり、フラットエンドミルよりも大きく切り込むことができますが、切削面はフラットエンドミルに比べて粗くなります。ラジアスエンドミルは、フラットエンドミルの下部コーナー部がR形状になっており、荒取りや中仕上げ、最終仕上げなどに使用されます。