放電加工の原理


放電加工

放電加工とは、アーク放電によって加工する方法です。
電極から放電された電気が金属との間で極めて短い周期のアーク放電となり、金属などの被加工物の表面を除去します。電極にパルス電流を流し数μSという超短時間の間に溶解、爆発を繰り返し徐々に加工していきます。
放電加工は従来の機械加工では加工が難しかった硬い金属にでも金属加工が可能です。この放電加工を使えば、硬度の高い鋼鉄やチタンなどにも複雑な輪郭を切り出すことができます。電極と被加工物の間での放電で金属表面を除去するという特性上、被加工物が電気を通す材質でないと加工できません。放電されたスパークが金属表面の一部を溶かして蒸発させることによって、表面に無数の凹部を形成します。そうして被加工物から除去された粒子は、電極と被加工物との間に満たされた誘電の性質を持つ液体によって洗い流されます。また放電加工された面は溶解と凝固を繰り返すため脆化する傾向があります。
この放電加工は、金型を製作するために広く用いられています。試作部品や量産部品を作るためには欠かせない方法です。
エレクトロニクス産業においては、部品を量産するために重要な方法のひとつです。
放電によって金属加工する方法にはグラファイト電極または銅電極等を、被加工物に近付けるように送ってゆく形彫り放電加工や、真鍮のワイヤを被加工物に近付けるように送ってゆくワイヤ放電加工というものもあります。