複合加工機のメリット


複合加工とはレーザー、タレパンそれぞれの得意な点を生かして金属加工する加工法です。


例えば真円度の高い部品が入る孔はタレパンで加工し、タレパン加工での追い抜き跡やバリ取りが必要な箇所はレーザーで加工する2種類の加工法の良い点を持ち合わせた加工です。
レーザーのみで加工していた場合、複合加工に変える事で何割かの加工をコストの低いタレパン加工に変えれますので、加工費が下がります。また、リーマーで真円度を出すために後加工が必要な場合でも、リーマー工程を省略出来るのでランニングコストが下がります。
タレパンだけで加工していた場合は、複合加工に変えるとロット数によっては金型費の償却が問題になることがありますが、その異型孔などをレーザー加工することで総合的にはコストを抑えることが可能になります。そして追い抜き加工箇所をレーザーで加工することで、後工程(バリ取り等)を省くことができ、併せてコストを減らすことが可能です。
継ぎ目がなく滑らかな端面や真円度が必要となってくる孔など、その製品が求める加工を実現できます。