プレス加工

プレス加工とは


プレス加工

プレス加工とは、対となった金型をプレス機械に取り付け、機械に挟んだ素材に強い力を加えて成型する機械加工を指します。
アルミなどの金属加工のほか、樹脂やガラスなどの非金属材料にも使用される加工です。
その中でも、特に板金加工で使用される加工技術です。
切断や穴あけなどのせん断加工や曲げ加工・絞り加工などが、様々な金型を使って行われます。

プレス加工は他の機械加工と比べて生産性が高く、連続した加工が可能なため、大量生産に向いている加工といわれています。
また、一つ一つ材料から削り出しを行う切削加工に比べて、一度にまとめて同じ寸法に加工が可能なプレス加工の方が、
部品の品質が安定します。これも、大量生産に向いている所以であるといえます。

プレス加工は切削加工と比べて加工時間が圧倒的に短いことも特徴です。
部品作りにかかる時間を減らすことは、コストダウンにもつながります。
最初に金型を作らなくてはいけないので、単品や小ロットの部品加工では高くつくこともありますが、
同じ寸法の製品を相当数作る必要がある場合は、プレス加工に切り替えた方がお得です。

当社では、場合に応じてお客様にとって最適な加工方法をご提案させていただきます。
短納期対応の部品加工会社をお探しのお客様、フェックにぜひ一度ご相談くださいませ。
大阪だけではなく、日本全国に対応しております。関西の方以外も、ご連絡をお待ちしております。