研磨加工

研磨加工とは


研磨加工

研磨加工とは、アルミステンレスなどの金属加工部品、ガラス、プラスチックなどの被加工物の表面を研磨剤を使って少しずつ研磨し、
所定の寸法や形状、品質に仕上げていく表面仕上げ法です。
前回紹介した研削加工は、砥石がついた回転体を使って物質を削って綺麗にする加工方法でしたが、
研磨加工は砥石は用いずに、研磨剤が付いた紙や布を使って被加工物を磨いて、表面を美しく仕上げる加工を指します。


研磨の工程としては、研磨剤に使用される砥粒の大きさや工具によって、ラッピングとポリシングという加工に分かれます。
まずは比較的粒径が大きく、粗い砥粒を用いたラッピングで粗面研磨を行い、
その後、粒子が細かい砥粒と、軟質なポリシング工具を用いたポリシングにて、光沢を出す鏡面加工を行います。

主な研磨加工について

バフ研磨
バフ研磨加工とは、綿布や麻などの柔らかい素材で作られたバフに砥粒を付着させ、
バフを回転させながら金属などを押し当てて表面を磨く加工を指します。
研磨加工といえばバフ研磨を指すほど、一般的な加工方法です。

電解研磨
電解研磨加工とは、リン酸や硫酸などの酸化作用がある液体にマイナス電極と、陽極となる部品を浸し、
電気を流して部品の表面を溶かす研磨方法を指します。
物理的に力を加えない研磨方法ですので、表面に傷などを与えずに加工することができます。

我々金属加工のフェックでは、設計から研磨加工、各種表面処理まで一貫したものづくりを行っております。
大阪で安く、短納期で対応できる部品加工会社をお探しのお客様、お気軽にお問い合わせくださいませ。
小ロット・単品試作部品の製作ももちろん承っております。