研削加工

研削加工とは


研削加工

研削加工とは、アルミステンレスなどの金属部品の表面を、高速回転する砥石車によって削ることで切削加工より平滑な面を得る機械加工の一種です。
同じ意味合いの言葉として、研磨加工というものがありますが、研削加工と研磨加工は少し異なる部分があります。
研削加工も研磨加工も、フライス盤マシニングセンタなどを使って切削加工した部品の表面をきれいに仕上げるために行われる加工という意味では同じですが、加工方法に違いが現れます。

研削加工は、固定された砥石を用いて工作物を削ります。
回転運動が与えられた砥石内の砥粒で工作物の表面を削ることで、その面を平滑にし、精密に仕上げていきます。
研磨加工は砥石を用いず、研磨剤を付着させた紙や布で工作物を磨く加工のことを指しますので、
「削る」加工と「磨く」加工という違いがあるのです。

主な研削加工の種類

平面研削
平面研削盤を用いて、工作物の平面を研削する加工です。

円筒研削
円筒研削盤を用いて、円筒工作物の外面を研削する加工です。

内面研削
工作物の穴の内面を研削する加工です。

大阪で活動する部品加工のフェックでは、金属部品の設計から、研削加工や表面処理まで、部品の一貫加工を行っております。
安くて短納期で加工できる部品加工会社をお探しのお客様、是非ともご相談くださいませ。