曲げ加工とは

曲げ加工とは


曲げ加工とは
曲げ加工とは、金属加工や板金加工で使用される加工法で、
アルミステンレスなどの金属をプレス機やベンダという機械を使って圧力をかけ、成型することを言います。
曲げ加工における素材は、板材、角材、管材などがあり、曲げる形式はV曲げ、U曲げ、L曲げ、Z曲げ、R曲げなどがあります。

板金加工における曲げ加工は、V型のダイという型の上に板材を置き、
上からパンチという工具で押すことで、任意の角度に板材を変形させます。
複雑な形状の場合は、この曲げ加工の加減によって製品の質が大きく変化します。曲げ加工と聞くと、金属をただ曲げるだけという、一見簡単そうな印象を受けますが、

実はとても難しい加工なのです。
金属を曲げた際には、曲げた内側が縮み、外側が大きく伸びようとします。
ここの力加減や曲げの加減を適当にしてしまうと、部品のひび割れやしわや傷の発生につながります。
そして、特に形状が複雑なR曲げ加工になると、図面通りに加工することが極端に難しくなります。

丁寧な曲げ加工を行うには、機械の使い方やノウハウ以外にも、金属の伸縮性などの特性を知っておくことが必要となります。