溶接の種類

溶接の種類


溶接の種類

溶接は、接合部を高温の熱で溶かして接合する加工で様々な種類があります。
鉄鋼の溶接法ではアーク溶接、ステンレスやアルミニウム合金にはTIG溶接などがよく使われます。
ロウ付けは材料そのものを溶かすのではなくロウを溶かして金属と金属を接合させる方法です。
比較的手軽に行えますが、ロウと材質との相性が重要になります。
熱による変形を防いだりしながら適切な溶接を行うためには、十分な知識と経験が必要になります。
大阪で部品製造を行っております弊社では金属加工から、溶接、メッキ処理、組み立てなど様々な作業を一貫して請け負うことができます。
部品製作でお困りのことがございましたら、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。