ラジアルボール盤による金属加工

ラジアルボール盤による金属加工


ラジアルボール盤による金属加工

ラジアルボール盤は、ドリルによる金属加工時に穴あけ加工を行うボール盤の一種です。
穴開けの位置を変える時、加工物を動かす普通のボール盤と違い、ラジアルボール盤はアームを円周状に旋回することができ、主軸頭が水平移動できる構造のボール盤です。
加工物を動かしながら加工しにくい大型の加工物や、動かすことで傷がつきやすい加工物に向く加工法になります。
ただし、開けられる穴の向きは上方向に限られますので、横方向に穴を開ける場合は、加工物を横転させる必要があります。
大阪にて部品加工を行っております弊社では各種ボール盤をはじめ、様々な設備を駆使した多様な加工に対応しております。
部品製造から組み立てまで機械加工の業者をお探しの場合は、お気軽にご連絡くださいませ。