立削り盤での加工

立削り盤での加工


立削り盤での加工

立削り盤とはキー溝削り加工や、角孔、スプライン加工、テーパー加工などに使用される、刃物が上下運動する工作機械でスロッターとも言われます。
刃物を取り付けたラムが垂直方向に往復運動をして、穴の内面を加工するので旋盤やフライス、マシニング等でできない金属加工も可能にする工作機械です。
大阪にて金属加工を行う弊社では、その他様々な種類の部品加工を幅広く行っております。単体の部品製作から機械の組み立てまで金属加工の事でお困りの場合はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。