加工賃は加工方法で変わる!見積り価格を下げる秘訣

見積り価格を下げる秘訣

一般的に金属部品加工は、旋盤加工、フライス加工、レーザー加工、プレス加工などの加工法で行いますが、どのような加工機を使用するかで、金属部品加工のお見積りが変わってきます。

例えば、希望の厚みの鉄板にタップ加工をする場合、板の厚みを出すためにフライス加工を行い、その後、タップ加工を行うのですが、フラットバーを使用した部品加工は、板の厚みを整える加工が不要であるため、タップ加工のみで対応することができます。また、ステンレス系の材料を使用した加工は、鉄材料と比較して加工時間が多く必要なため、加工費が高くなります。アルミであれば加工費が安いのですが、材料の価格が鉄と比較して高くなるなど、様々な要素を総合的に判断してお見積り依頼を出すことがお見積り価格を下げる秘訣です。安い方法で部品加工する方法についてよくわからない場合は、大阪のフェックまでお気軽にお問い合わせください。