曲げ加工について

プレス加工の一種に、金型を使用しておこなう曲げ加工がございます。

さらに、曲げ加工は、型曲げと送り曲げに分類されます。

型曲げは材料を型に固定して行い、送り曲げは材料を型に固定せず順次材料を送り込んで行います。

型曲げの代表として、V曲げ・U曲げ・L曲げがあり、送り曲げにはロール曲げとロール形成がございます。

一口に曲げ加工といっても、実に様々な加工方法がございます。

省力化機械は、こうした加工を経た部品を使用するのです。

その際、メンテナンスがしやすいように部品点数を減らしたり、機械の目的や用途にあっているかの見極めが非常に重要となります。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございますので、金属の加工をはじめ、機械・工具に関する知識や経験も豊富にございます。

また、部品の加工に必要な納期についても、こだわりを持って取り組んでおります。

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。

金属加工の切断方法について

金属を加工する際、様々な切断方法がございます。

今回は、溶断を主にした切断法をみていきましょう。

・ガス切断

燃料ガスと酸素によって溶かした材料を酸素によって吹き飛ばし、切断する方法。

・プラズマ切断

アーク放電を利用して切断する方法。

プラズマ切断には、プラズマアーク式とプラズマジェット式があり、プラズマジェット式は、非伝導性の材料にも適用可能。

・レーザ切断

レーザービームとアシストガスを照射して切断する方法。

アシストガスは、酸素ガスや炭酸ガスなど、加工の種類によって変わる。

・ウォータジェット切断

高圧水を噴出して切断する方法。

バリ取りや研磨などにも用いることができるため、ウォータージェット加工ともいわれる。

また、ウォータジェット切断には、水に研磨材(アブレシブ)を混入し、切断力を強化したアブレシブウォータジェット切断がある。

このように、それぞれの材料によって、加工方法も変わります。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございますので、金属の加工をはじめ、機械・工具に関する知識や経験も豊富にございます。

また、部品の加工に必要な納期についても、こだわりを持って取り組んでおります。

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。

アルミニウムの品種・特徴

使用頻度の高いアルミニウム。

ひとことにアルミニウムといっても、様々な品種がございます。

簡単に品種や特徴をみてみましょう。

・1000系(純アルミニウム)

熱伝導性や導電率に優れている。

強度は弱いので構造材料にはあまり使用されない。

・2000系

銅を加えて機械的強度を高めたアルミ材料。

ジュラルミンケースに使用されているのは、この2000系のアルミニウム。

・5000系

最も使用頻度の高いアルミニウム合金。

耐食性や加工性にも優れている。

・6000系

耐食性や加工性にも優れ、溶接も可能

板やLアングルなどバリエーションも多い。

・7000系

アルミニウムの中で強度が一番強い。

強度が必要な部品に向いている。

・アルミニウム鋳物

鋳造によって作る。

車のエンジンなどに多く採用されている。

部品加工や材料にどの素材を使用すれば良いかお悩みの方も多いかと思いますが、軽さを必要とする場合は、アルミ素材を選ぶことをおすすめいたします。

その他、金属加工や機械の制作についてお悩みがございましたら、お気軽に当社にご相談ください。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございますので、金属の加工をはじめ、機械・工具に関する知識や経験も豊富にございます。

また、部品の加工に必要な納期についても、こだわりを持って取り組んでおります。

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。