頑丈な部品には欠かせない強度と剛性

頑丈で強い部品を作るためには、強度と剛性の理解が必要不可欠です。

強度とは、耐久力の強さを指します。

大きな力を加えても破損やひずみが生じにくい材料は強度が強いと言えます。

そして、剛性とは変形のしにくさを指します。

強度は種類や熱処理などによって変わりますが、剛性は材料の種類によって定まっています。

また、どれだけ変形するかという変形量は、単位面積当たりの力×元の長さを縦弾性係数で割ると求めることができます。

材料加工や部品製作には、知識と経験がものをいいます。

当社では、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事、部品加工まで豊富な実績がございますし、社屋にある加工場では、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置し、職人が省力化機械の部品を加工しております。

また、コスト削減のご相談をいただければ、部品加工の内容を調整してコストを下げることも可能ですし、短納期をご希望の場合は、大阪市内であれば最短1日で納品できるケースもございます。

部品加工を依頼できる業者をお探しの方は、ぜひ当社にご相談くださいませ。

部品点数の多い機械でトラブルはございませんか

省力化を検討する際は、機械や設備の性能以外にも、扱いやすさ・メンテナンスのしやすさに目を向けることも重要なポイントです。

いくら高性能の機械でも、操作が難しいため限られた人しか扱えない、構造が複雑で専門の業者でないとメンテナンスが出来ないなどの問題が生じます。

また、部品点数が多い機械ですと、段取り替えなどで部品交換が必要な場合、作業に時間が掛かかるうえ、部品在庫も多くなってしまいます。

時間のロスや余計な出費がかかってしまうようでは、せっかくの省力化の意味がなくなってしまいます。

当社では、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の設計・組立・導入から小さな機械の改造工事、部品加工まで豊富な実績がございます。

そのため、部品の少ないシンプルな機械を設計作ることが可能ですし、改造工事で部品点数を削減できることもございます。

現在お使いの省力化機械や省力装置の部品が多くて何かしらのトラブルがある場合はぜひ当社にご相談ください。

熱による伸び量を考慮して材料を加工する

鉄などの材料は、熱による影響を受けます。

たとえば、電車の線路は、真夏の暑さで変形してしまう程です。

そのため、材料を加工する際は熱による伸び量を考慮し、つなぎ目や隙間などを考慮して設計しなければなりません。

熱による伸び量は、【線膨張係数×元の長さ×上昇温度】という計算で算出することができます。

材料加工や部品製作には、知識と経験がものをいいます。

当社では、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事、部品加工まで豊富な実績がございますし、社屋にある加工場では、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置し、職人が省力化機械の部品を加工しております。

また、コスト削減のご相談をいただければ、部品加工の内容を調整してコストを下げることも可能ですし、短納期をご希望の場合は、大阪市内であれば最短1日で納品できるケースもございます。

部品加工を依頼できる業者をお探しの方は、ぜひ当社にご相談くださいませ。