圧延加工について

圧延とは塑性加工の一種で、ロールによって金属などの素材を加工する方法です。

板状・棒状・管状などの様々な形状に加工することが可能です。

そのため、色々な断面形状を持った製品を生産するために、効率の良い加工方法だといえるでしょう。

圧延の中でも、材料を再結晶温度以上で加熱して圧延する加工を熱間圧延、再結晶温度以下で圧延する加工を冷間圧延といいます。

熱間圧延は加工がしやすいので大量生産に向いていますし、コストパフォーマンスが高いといった点もございます。

冷間圧延は、精度の良い加工ができます。。
表面を美しく仕上げることが出来るため、自動車のボディなども、ほとんどが冷間圧延によってつくられています。

部品加工には、加工方法の詳しい知識や経験が必要不可欠です。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績がございます。

そして、常にコストを踏まえ、使用用途に応じた素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにご相談ください。

材料の機械的性質について

機械的性質とは、簡単にいうと外から力を加えた時の強さに関する性質です。

材料に力を加えていくと、弾性(だんせい)・塑性(そせい)・破断(はだん)などの変化が起こります。

弾性とは、力を加えたとき変形し、力を取り去れば元にもどる性質。

塑性とは、加える力がある限界になる(弾性の範囲を超える)と、力を取り去っても元に戻らなくなる性質。(形は変化してしまう)

破断とは、材料に亀裂などが生じて断ち切れてしまうこと。

構造部品を設計する際には、こういった材料の性質を十分考慮しておこなう必要がございます。

たとえば、構造部品が変形しないようにするには、弾性の範囲内で使用しなければなりません。

また、知識に加えて熟練の経験も必要不可欠です。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績がございます。

そして、常にコストを踏まえ、使用用途に応じた素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにご相談ください。

加工する材料に求める性質

加工材料には、鉄・アルミニウム合金などの金属材料や、ゴム・ポリエチレンなどの非金属材料など、様々な種類がございます。

そして、それぞれの材料には、強い・弱い(強度)、硬い・軟らかい(硬度)、伸びにくい・伸びやすい(剛性)といった機械的性質。

熱が伝わる・伝わらない(熱伝導率)、重い・軽い(密度)、電気を通す・通さない(導電率)といった物理的性質、。

さび(耐食性)といった科学的性質といった、色んな性質がございます。

部品加工をおこなう際には、目的や用途に応じた材料の選定が求められます。

しかし、材料を見極めるには、膨大な種類の材料に関する知識や、熟練の経験が必要不可欠です。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績がございます。

そして、常にコストを踏まえ、使用用途に応じた素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにご相談ください。